当社は昭和39年6月、高度経済成長に伴う人口の都市集中などによる都市機能の低下に対応するため、都市基盤の整備に要する公共用地を機動的・能率的に先行買収する必要から、大阪市と民間企業の共同出資により、将来は幅広い事業を手掛けることができるよう株式会社として設立されました。
 当社はこれまで、船場センタービルの建設とその分譲・賃貸・管理業務、さらに市内の交通施策の一環としての駐車場の管理・運営業務を行うなど、船場地区を拠点として地域に根ざした事業活動を展開してまいりました。
 お蔭をもちまして、設立以来55年にわたって事業を推進することができました。
 これもひとえに、お客様と当社業務に関わる事業者の皆様、大阪市をはじめとする株主各位のご指導、ご支援の賜物と深く感謝いたしております。
 船場センタービルは、昭和45年に開業して以来半世紀が経ち来年3月で50周年を迎えます。ビルの上部を走る高架道路を健全かつ適切に支えるという極めて公共性の高い役割を将来にわたり継続して担うとともに、ビルの安定的な管理運営に努め、関連団体や地域団体と連携しながら、これまでの歴史と伝統のうえに新たな価値の創造と商業集積ビルとしての振興・発展に取り組み、船場地区の活性化に貢献し、2025年の大阪・関西万博の開催等により、さらなる成長が期待される大阪さらには近畿圏の経済と文化の発展に寄与してまいりたいと念願しております。
 当社といたしましては、社会経済情勢をはじめとする様々な環境変化の中で、これまで培ってまいりました経験や中期経営計画(平成30年4月策定)をもとに、より効果的・効率的な組織運営を行い、社員が一丸となって社業の発展、経営の安定化に努力してまいりますので、関係各位におかれましては、今後ともなお一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

令和元年7月
代表取締役社長
玉井 得雄